おまとめローンの審査と、一般的なカードローンやキャッシングの審査、どちらが厳しいとお思いでしょうか。結果は、おまとめローンの審査の方が厳しくなっております。

 

おまとめローンの審査が厳しい理由

一般的なカードローンやキャッシングの場合、あまり多くの限度額を必要としていない人もいます。いざという時のためのお守り代わりとして持っておきたい人であれば、せいぜい10万円か20万円程度の限度額があれば十分です。

 

業者側も、それくらいの金額であれば万が一貸し倒れをしたとしても大ダメージにはなりませんので、比較的審査はやさしくなっています。

 

 

一方でおまとめローンの場合、必要とする金額が通常のカードローンやキャッシングよりも桁1つは多いです。しかも、おまとめローンを利用するということは、当然ながらすでに借金があり、しかもかなり返済に窮しているということで、下手をすれば返済不能に陥る可能性もあります。

 

そのため、おまとめローンの業者の中には、ある程度の年収がないと審査どころか申込すらできないところもあるくらいです。

 

一般的なカードローンでは年収の制限はされておらず、メガバンクのカードローンとなるみずほ銀行カードローンの借り方で利用をするおまとめローンであるとしても、年収がいくら以上必要などとする基準はありません。

 

ポイントは「他社借入件数」

おまとめローンを利用しようと思っても、審査落ちしてしまってはどうしようもありません。

 

本命のおまとめローンの審査を通過するためには、できるだけ周辺環境を整備しておく必要があります。そのために欠かせないのが、「他社借入件数」のチェックです。

 

一見すると、「借入総額」の方が重視されるべきポイントのように思えますが、与信の面から考えると「他社借入件数」の方がより本人の状態を表しているといえます。

 

例えば、「100万円を2社から借りている」Aさんと、25万円ずつ8社から借りている」Bさん、借入総額はともに200万円ですが、おまとめローンの審査に置いて有利なのはAさんです。Aさんは1社あたりの限度額を多く設定されており、これはその業者からそれなりの信頼を得ている証でもあります。

 

通常のキャッシングでは、いきなり100万円からスタートすることはまれで、少ない限度額から信頼と実績を積み重ねて、100万円の限度額にたどり着いたのでしょう。

 

Bさんの場合、そもそも8件もある時点でおまとめローンの審査はだめでしょうが、限度額が25万円しかないのも大きなマイナスです。実績がないため結果的に複数の業者から借りているともいえます。

 

ちなみに、ここでは「他社借入件数」を対象としており、自社の借入についてはカウントされないのが一般的です。

 

その場しのぎの余計な借り入れはしない

おまとめローンの検討する前の段階では、とにかく目先の返済金が必要だからと消費者金融で細かく複数から借りてしまう方があります。はじめは2件程度だった借り入れも、返済のための借り入れを繰り返すことによって3件、4件と増えてしまうのです。

 

多くの件数となればそれだけおまとめローンを利用しようとしたときに不利になってしまい、借りられたとしても希望額に満たない可能性が大きくなります。それではおまとめローンの意味がなくなりますので、なるべく余計な借り入れは増やさないようにすべきです。

 

おまとめローンは希望額で借りられないと意味が無く、大きな枠で借りられないと金利も低くなりません。低金利で借りるためにも、特に銀行のおまとめローンを利用する予定があるなら、今後の借り入れも考えて使うようにしてください。